西府すこやかこどもクリニック

TEL
042-366-5591
スタッフ募集

西府すこやかこどもクリニック

ブログ

Blog

クリニック建設中 その4 いよいよ内装へ。

クリニックはいよいよ内装に着手しました!
医療機器や什器類(家具類)の配置を下書きしてます。
最近は医師会や園医の仕事で「開業されるのですね」と声をかけて頂く機会が増えてきました。
私のクリニックができるのを心待ちにして下さっている方もいるようです。
とても励みになります。
あと2か月くらいです、待っていてください!!! 1月17日の様子...

続きを読む

9-10か月健診

ポイント 発達 はいはいをするようになります。つかまり立ちをします。物をつまめるようになります。人の動作をまねるようになります。人や物が視野になくてもいる・あるを理解するようになります。原因と効果を理解するようになります。ママ、パパを無差別に言うようになります。指差しをします。人見知りをします。9か月頃までに咀嚼を覚えます。自分で食べたがります。夜泣きが始まることがあります。いないいないばあやかく...

続きを読む

6-7か月健診

ポイント 母体からの移行免疫がなくなることで感染症にかかりやすくなります。保育園などの集団生活も始まります。   発達 寝返りをします。座位をとれるようになります。手から手へ物を持ち替えることができます。物をつかむことができるようになります。視覚がより発達します。口の感覚で確かめたがるので物をなめたり、口に入れようとします。母音を長く発するようになります。自分の名前を意識します。人見知り...

続きを読む

*3-4か月健診

ポイント 発達 腹臥位(うつ伏せ)で頭、胸を上げるようになります。定頸する(首がすわる)ようになります。四肢を対称的に動かします。早ければ寝返りを始めるようになります。また、喃語を話します。モロー反射(刺激があったときにびっくりしたように両腕を開くようにすること)や非対称性緊張性頸反射(ATNR:頭を側方に向けると弓を引くような姿勢をとる)はほぼ消失します。
色を認識します。5-6時間...

続きを読む

(A型肝炎ワクチン)

A型肝炎ウイルスに感染すると急性肝炎を発症します。感染経路は糞口感染で、汚染された食物や水を摂取することで感染します。小児の場合は約90%が不顕性感染です。症状は38度以上の発熱、倦怠感、頭痛、筋肉痛、腹痛、下痢、黄疸、食欲低下、肝腫大、褐色尿、白色便などです。治癒するまでに1-2か月かかります。劇症肝炎や急性腎不全を起こすことがあります。致命率は0.1%です。発展途上国での感染が有名ですが、20...

続きを読む

(髄膜炎菌ワクチン)

侵襲性髄膜炎菌感染症は世界で毎年30万人が発症し、3万人が死亡しています。侵襲性髄膜炎菌感染症には髄膜炎、菌血症、敗血症、髄膜脳炎があります。髄膜炎の主な症状は高熱、頭痛、嘔気、羞明(まぶしがること)、項部硬直、点状出血、紫斑などです。重症例では発症から24時から48時間以内に病状が進行し、適切な治療を行っても侵襲性髄膜炎菌感染症全体で致死率は7-19%、菌血症の致命率は18-53%と報告されてい...

続きを読む

インフルエンザワクチン

多くは自然治癒する病気ですが、肺炎、気管支炎、脳症、ライ症候群、心筋炎を合併し、生命に危険が及ぶ場合があります。2009年のパンデミックインフルエンザでは基礎疾患のない小児でも重症化することが多かったと報告されています。ワクチン接種によって発症を完全に防ぐことはできませんが、重症化や合併症、死亡する危険性を抑えることができます。インフルエンザ脳症は毎年60-160人報告されています。ワクチンは生後...

続きを読む

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染し、数年から数十年後に発症すると考えられています。性的接触によって感染します。日本で子宮頸がんは年間1万人が発症し(2012年)、2902人が死亡したと報告されています(2014年)。女性のがんとしては乳がんに次いで罹患率が高くなっています。子宮摘出になる可能性があり、妊娠、出産に影響します。排尿障害などの後遺症で日常生活に支障を来すこともあります...

続きを読む

東京小児感染症セミナー

2月13日に東京都立小児総合医療センター講堂で感染症セミナーを受講してきました。
テーマは「かぜ診療における抗菌薬の適正使用について」です。 昨今では「抗生剤ください」「抗生剤はもらえないのですか」と言った診察中の会話はめっきり少なくなりました。ウイルス感染に抗菌薬(いわゆる抗生剤)は不要と言う医学の常識が世間にも浸透してきたためと感じています。 2003年に日本呼吸器学会が風邪に抗菌...

続きを読む

日本脳炎ワクチン

日本脳炎には毎年数名が罹患しています。過去25年間の致死率は17%と報告されています。蚊が媒介するので気温の高い西日本に多いとされていましたが、関東圏でも認められるようになりました。世界では6万名以上が罹患し、1-2万人が亡くなっています。 日本脳炎は感染した100-1000人に1人が発症すると言われています。幼児小児、高齢者は死亡のリスクが高く、後遺症は45-70%に残ると言われています。 ...

続きを読む

1 16 17 18 19 20 21 22 23 24

カテゴリー

最近の投稿