西府すこやかこどもクリニック

TEL
042-366-5591
スタッフ募集

西府すこやかこどもクリニック

ブログ

Blog

EBウイルス

長引く発熱の代表疾患である伝染性単核球症を起こします。
潜伏期は2-7週です。
症状は発熱、扁桃炎、頚部リンパ節腫脹、肝腫大、脾腫を起こします。
発熱は38度以上が7日以上続きます。
採血で白血球増加および異型リンパ球の出現を認めます。
採血のウイルス検査で診断します。
治療は対症療法となります。
脾腫を認めた場合...

続きを読む

エンテロウイルス

いわゆる夏風邪ウイルス(RNAウイルス)で夏に最も多く流行します。
ポリオ、コクサッキー、エコー、その他に分類されます。
ヘルパンギーナ、手足口病、無菌性髄膜炎の原因となります。
症状は発熱、口内炎、発疹です。治療は対症療法となります。 ...

続きを読む

ヒトヘルペスウイルス6、7型

突発性発疹の原因ウイルスです。
症状は39度以上の高熱となることが多いです。
通常、咳嗽、鼻汁などの風邪症状は少ないです。
口蓋垂の両側の永山斑、大泉門膨隆、眼瞼浮腫、下痢、後頭部リンパ節腫脹と伴う場合があります。
熱性けいれん、脳炎、脳症を合併する場合があります。 ...

続きを読む

アデノウイルス

51の血清型があります。
上下気道炎、胃腸炎、結膜炎、膀胱炎を起こします。
飛沫および接触、糞口感染します。感染力が非常に強いです。
発熱は5日前後です。
70%が扁桃炎になります。33%が結膜炎となります。
迅速検査で診断します。
採血では白血球増加、CRP高値を示す場合が多いです。
治療は対症療法となります。 ...

続きを読む

RSウイルス

乳児や高齢者で重症化しやすい風邪ウイルスです。10月から4月まで流行します。1/3が下気道感染となり、1-3%が重症化します。症状は発熱、咳嗽、鼻汁、喘鳴です。細気管支炎に進展すると入院管理が必要となることがあります。新生児では無呼吸を合併することがあります。中耳炎、脳炎、脳症を合併することがあります。迅速検査で診断します。治療は鼻吸引、ネブライザー、対症療法となります。 ...

続きを読む

ヒトメタニューモウイルス

2001年に報告された比較的新しいウイルスです。RSウイルスと類似した疾患です。
3から6月に流行します。
1歳で多く罹患します。
症状は発熱、咳嗽、鼻汁です。
有熱期間は5日前後です。
迅速検査で診断します。
飛沫および接触感染します。 ...

続きを読む

ライノウイルス

いわゆる鼻風邪ウイルス(RNAウイルス)で102の血清型が存在します。
4月・5月・9月に流行します。
潜伏期間は1-3日です。
症状は鼻汁、くしゃみ、鼻閉で、咽頭痛、咳嗽を伴います。
発熱は10%ほどです。
喘鳴を起こしやすいと言われています。 ...

続きを読む

パラインフルエンザウイルス

RNAウイルスで1、2、3、4型に分けられます。
クループの原因ウイルスとして有名です。
1、2型は秋、3型は春から夏に流行します。
70%は鼻汁がでません。
15%がクループを起こします。
飛沫および接触感染します。 ...

続きを読む

インフルエンザウイルス

RNAウイルスでA型、B型、C型に分類されます。
人に感染するのはA型、B型です。
感染経路は飛沫感染で潜伏期間は2日です。
症状は発熱、咳嗽、鼻汁、痰、頭痛、咽頭痛、腹痛、筋肉痛があります。
嘔吐や下痢を認めることもあります。
発熱は数日の解熱期間を挟む2峰性となる場合があります。
迅速検査で診断します。 大半が重めの風邪で...

続きを読む

ウイルスについて

4月から保育園・幼稚園が始まったこどもたちがたくさんいますね。 初めて集団生活が始まると風邪を繰り返すことが多いので咳嗽、鼻汁がずっと続くこともしばしばあります。 せき、はなで日常生活に影響がある場合はぜひ当院を受診してください。 小児の特徴や注意すべきことを適切に説明いたします。 さて、風邪の原因となるウイルスはたくさんあり、200種類以上とも言われています。 今回から比較的有名なウイルスをお伝...

続きを読む

1 2

カテゴリー

最近の投稿