西府すこやかこどもクリニック

TEL
042-366-5591
スタッフ募集

西府すこやかこどもクリニック

ブログ

Blog

MRワクチン(麻疹風疹ワクチン)

麻疹は咳、鼻汁、結膜充血、眼脂(めやに)などのカタル症状と38度以上の発熱を起こします。その後、いったん解熱しますが再び高熱となり、全身性の発疹が出現します(2峰性の発熱)。口腔粘膜にコプリック斑という粘膜疹を認めることがあります。肺炎を起こして入院したり、数年して遅発性脳炎を起こして後遺症を残すことがあります。かつては10代で多かった病気ですが、現在は成人での発症が増加しています。

風疹は春先から初夏に流行します。発熱、発疹、リンパ節腫脹が起こります。血小板減少性紫斑病や脳炎を合併する(2000-5000人に1人)ことがあります。15-30%は不顕性感染(無症状)で終わります。妊娠20週までの妊婦が風疹ウイルスに感染すると赤ちゃんに先天性風疹症候群が起こることがあります。難聴や先天性心疾患、白内障、発達遅滞を合併する可能性があります。

ワクチンは2回接種で1回目は1歳、2回目は小学校入学前に接種します。

抗体陽転率は95%以上です。

カテゴリー

最近の投稿